ダメージジーンズの種類について

ダメージジーンズの種類
ジーンズにはダメージジーンズというものがあります。知っている人も多いと思いますが、ジーンズに汚れや傷が入っているもので、それらの見た目をファッションとして取り入れているものです。
このダメージジーンズですが、使っていて汚れや傷がつくものですが、最近ではファッションのためにダメージジーンズとして加工された物が販売されています。
ダメージジーンズと一括りに言っても、様々な種類、加工方法があります。ここでは、ダメージジーンズの種類をいくつかご紹介します。

◯シェービング加工
ジーンズに紙ヤスリを使って傷を入れる加工です。紙ヤスリだけでなくほかの道具を使ってジーンズを加工することが出来ます。加工方法としては手軽なため、自宅で加工することも出来ます。

◯クラッシュ加工
ジーンズに穴を作り、ペンキなどを付けて使用感を持たせる加工方法です。パンク系のファッションを好む人はこのクラッシュ加工をしたジーンズを履いていることろを見たことがあるかもしれません。

◯フェード加工
ジーンズを脱色する加工です。脱色には酸化剤や還元剤といった特殊な液剤を利用するため、個人では加工が難しいと思います。脱色することでジーンズに使用感を持たせることができます。

他にも様々なジーンズの加工方法があります。これらの加工が施されたダメージジーンズが売られていますが、自分でジーンズを加工したり、工房などへ持ち込んで加工をしてもらうこともできます。